お薬も人生も楽ばかりではない!セロクエルには副作用はあるのだろうか

人生には楽しいこともあればつらいこともあります。喜怒哀楽という人間の感情からもわかるように、私たちは様々な感情を抱きながら生活しているため人生は起伏に富んでいるのです。もしもこうした起伏がなかったとしたら何らおもしろくない人生になってしまことでしょう。

■楽しいことだけが人生というわけではない
当たり前ですが、楽しいことだけが人生というわけではありません。万年楽しいことが続いていて「もはやこの世は自分のものだ」と勘違いしてしまうくらいの、楽しい時間が続いていたとしてもいつか飽きます。飽きたとたんに「この世の中はつまらない」などと思い始めるでしょう。

お薬も人生も楽ばかりではない!セロクエルには副作用はあるのだろうか

結局のところ、何が楽しくて何がつまらないかという定義づけは難しいということはもちろん「永遠に楽しいことが続くことはない」というのもまた一つの心理です。

引用文→セロクエル http://www.ntp-k.org/medicine/mental/seroquel.html

■楽しいことをより楽しいものとしてくれる
人生で苦しいことが起きることはなるべく避けたいと皆さんはお考えだと思います。確かに私たちはつらいことの経験や苦しいことの経験を持っているからこそ「もうあんなことを経験したくはない」と思うのです。とはいえ、そうしたつらいことや苦しいことがなかったとしたら楽しいことも楽しいと思えないかも知れませんよ。

「あのときの経験があるからこそ、今の状況が楽しいと思えるのだ」と言うことだってたくさんあるのです。たとえば失恋の経験をたくさん重ねた人が、すてきな恋人をゲットしたときには、失恋の経験をしたことのない人に比べてうれしさもひとしおでしょう。

■お薬も主作用だけが現れるというわけではないのだ
こうした人生の方程式は、人生だけにおいて現れるというわけではありません。病気を治すときに使うお薬においても同じです。薬が持っている病気を治す作用のことを「主作用」と呼びますが、一方で現れなくてもよい症状が出てしまう作用のことを「副作用」といいます。

お薬は元々毒だったものを薄めたり改造したりして創ったものです。だからこそ、主作用だけではなく毒の部分たる副作用が現れる可能性があるのですね。

■抗精神病剤を使うときに気をつけなければならないこととは
日本人に急増していると言われている心の病を治してくれる抗精神病剤を使うときにはどのようなことに気をつけていかなければならないのでしょうか。やはり注意しなければならないこととして「副作用」があげられます。抗精神病剤にはたくさんの副作用の事例が報告されているため、こうした副作用を知っておくことはきわめて重要です。

■病気を治すためなのになぜ病気になってしまう?
しかし病気を治すための薬であるはずにもかかわらず、どうして病気になってしまうのでしょう。それは「病気を治すための成分が非常に強い」からといえます。抗精神病剤の多くは脳に直接働きかける成分を有しているため、ほかの薬に比べて強めの成分を使っていることが多いのです。

そのせいか副作用も強く表れてしまっています。

■適切に使うことを心がけ副作用の知識も身につけよう
今回は抗精神病剤で現れると言われている副作用はどのようなものかと言うことについて、お話ししていきたいと思います。
副作用にはどのようなものがあるのかと言うことを知れば、薬を飲んでいる最中に現れる体の不調についても気を配ることができるでしょう。

もしも体が少しでもおかしくなってしまったら服用を中止するなど、適切な判断ができるのです。