性欲がなくなってしまうなんて本当か、抗精神病剤セロクエルの真実とは

男性が男性である理由。それは性欲がたくさんあるからだ、とお考えになっている男性は少なくないかも知れません。性欲がないという男性はほとんどいらっしゃいませんし、たいていの男性はすてきな女性との逢瀬を楽しみに生きていることでしょう。

■抗精神病剤を飲み始めたら性欲がなくなってしまった
ただ男性が、抗精神病剤を飲み始めたら性欲がなくなってしまったとお嘆きになることがあります。薬を飲み始めるまではそれなりに性欲があったというにもかかわらず、なぜか薬を飲み始めてからは性欲がすっかりなくなってしまったというのです。

■脳に直接働きかけるお薬だから
なぜこのようなことが起こるのかと言えば、抗精神病剤が脳に直接働きかけるお薬だからです。この手のお薬の成分が必要なところにだけ効果を発揮してくれればいいものの、ホルモン関係のところにまで影響を及ぼしてしまうことがあります。その成果性欲がずいぶん減ってしまったというお嘆きの原因となるのでしょう。

■勃起不全などになってしまう前に調整を
ずっと放っておくと、性欲が完全になくなってしまうばかりか勃起不全などの症状の原因になりかねません。こうした病気を治すための治療も必要になってしまいますので、性欲に不安を感じたら薬の調整を心がけてください。

■性欲も心の健康も両方取り戻そう
心の健康も性欲も両方取り戻すことが、治療の最終的な目標になるでしょう。心の不調が原因で性欲が失われているというのであるならば、心の健康を回復させなければなりません。にもかかわらずお薬で余計に性欲を押さえ込んでしまっては困りますので、どちらも取り戻すことができる治療法が必要になるのです。

ぜひ抗精神病剤の調整を始めてくださいね。