夜にたっぷり眠ったのにどうして昼間も眠いの?セロクエルなどの抗精神病剤の功罪

眠りこそ私たちの健康の根本です。たとえば風邪を引いたときに「今から寒いところで運動をしよう」などと提案する人はいません。それよりも「暖かくしてたっぷり眠ること」と提案されることでしょう。私たちの体は眠りをたくさんとることによって、体の疲れを回復させているのです。

■眠気を増してしまう抗精神病剤
しかし、世の中には必要でもないのに眠気を増やすお薬があります。その一つが抗精神病剤です。多くのお薬の副作用の欄に「眠気を増すかも知れません」などと書いてありますからね。夜眠るときに眠くなるのであればいいものの、お昼間に眠くなることには一定の危険性があります。

■自動車の運転や危険な作業には十分注意が必要
たとえば自動車の運転中に眠くなってしまったり、危険な作業をしている最中に眠くなってしまえば命に関わる重大な事故につながりかねません。抗精神病剤を飲んでいるからといって、心の病は治せどけがの予防にまでつながらないのです。

■眠気が出づらいお薬に変えてみると言うことも
もしもあるお薬を飲み始めたものの「眠気がひどくて」というのであるならば、眠気が出づらいお薬に変えてみると言うことが必要でしょう。世の中にはたくさんのお薬が売られていますので、そもそも眠気の出るお薬があなたの体に必ずしも合っているとはいえません。

眠気が出づらいお薬に変えておけば、ストレスなく生活できることでしょう。もしかしたらそうしたストレスを減らすことによって、より治療期間を短くできるかも知れません。

■昼間からグウグウ眠ることは健康的ではない
そもそも人間は昼間に眠ることを前提に創られているわけではありません。昼間にグウグウ眠るのではなく、夜にたっぷり眠りましょう。